図解雑学ハプスブルク家 : オールカラー

菊池良生 著

中世から20世紀初頭まで栄華を誇り、世界最大の王家とも言われたハプスブルク家。オーストリア地域を中心に勢力を広げ、最盛期にはヨーロッパだけでなく中南米にまで支配が及んで「陽の沈まない帝国」と謳われた。一方で、各地域の文化、風俗を尊重しながらヨーロッパの大部分を治め続けたハプスブルク家のあり方は、近年のEUによるヨーロッパ統合の動きと二重写しになり、再び脚光を浴びている。本書では、カラー写真とイラスト、図解を駆使して、ハプスブルク家の波乱の歴史と華麗な文化をわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ハプスブルク家の人々(ハプスブルク家飛翔の舞台を整えた神君-ルドルフ1世
  • 偽書「大特許状」で皇帝カール4世を翻弄-ルドルフ4世 ほか)
  • 第2章 オーストリアよ、結婚せよ(ハプスブルク帝国はスイスの小貴族から始まった-ハプスブルク家の誕生
  • ヨーロッパ人にとっての「皇帝」とは?-神聖ローマ帝国と皇帝位 ほか)
  • 第3章 ハプスブルク家のライバル(カトリックVSプロテスタント一触即発-三十年戦争前夜
  • 宗教戦争から泥沼の国際戦争に-ドイツ三十年戦争(1) ほか)
  • 第4章 ハプスブルク家の斜陽(ヨーロッパをナポレオン登場以前の秩序に戻す-ウィーン体制
  • 帝国内に吹き荒れる民族独立運動の嵐-ウィーン三月革命 ほか)
  • 第5章 華麗なるハプスブルク文化(ハプスブルク家の冬の宮殿-ホーフブルク(王宮)
  • マクシミリアン1世の華麗なる都-インスブルック ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解雑学ハプスブルク家 : オールカラー
著作者等 菊池 良生
書名ヨミ ズカイ ザツガク ハプスブルクケ : オール カラー
出版元 ナツメ社
刊行年月 2008.3
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8163-4474-9
NCID BA85173124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21377127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想