広がる中流意識 : 1971-1985

原純輔 編著

戦後復興、高度経済成長と一億総中流時代、バブル崩壊から不平等社会日本へ…日本の格差と不平等に関する主要論文を一挙集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 高度経済成長と階層の構造(社会移動の構造(1971年)
  • 社会階層と社会移動の趨勢分析(1979年) ほか)
  • 2 「中」意識と中流論争(社会階層構造の現状(1977年)
  • 「世間並み」は中流か(1978年) ほか)
  • 3 学歴への関心(学歴無用論(1966年)
  • 大衆化の過程と構造(1975年) ほか)
  • 4 貧困:高度経済成長の影(現代日本の階級構成(1971年)
  • 未解放部落研究と社会学理論(1971年) ほか)
  • 5 政治意識と階級意識(階級意識の研究(1973年)
  • 「伝統」と「近代」の対立としての日本政治-1960年代前半までのパターン(1976年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広がる中流意識 : 1971-1985
著作者等 原 純輔
書名ヨミ ヒロガル チュウリュウ イシキ
シリーズ名 リーディングス戦後日本の格差と不平等 第2巻
出版元 日本図書センター
刊行年月 2008.3
ページ数 465p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-284-30212-8
NCID BA85168703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21394643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想