高校で教わりたかった化学

渡辺正, 北條博彦 著

検定教科書も検定外教科書もぶっとばせ!国際標準の「高校化学の教科書」。化学リテラシーを身につけたいすべての人に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 見えない世界
  • 安定な元素はいくつ?
  • 周期表とはなんだろう?
  • ナトリウムのイオンはNa+なのに、なぜ窒素のイオンはNO3-なのか?
  • 原子はなぜつながり合う?
  • H2O分子は,なぜ「く」の字に曲がっている?
  • モルとは何か?
  • 熱と温度はどうちがう?
  • 2H2+O2→2H2Oの矢印は,なぜ右を向く?
  • 化学反応は、どのように進むのだろう?
  • 化学反応は,最後まで進みきるのか?
  • 水に溶けやすい物質と溶けにくい物質は、どうちがう?
  • 電池のパワーは,どこから出てくる?
  • 水を電気で分解するのに,なぜ硫酸などを溶かすのか?
  • フェノールフタレインは,どうして赤くなる?
  • 教科書の記述は正しい…のか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校で教わりたかった化学
著作者等 北條 博彦
渡辺 正
書名ヨミ コウコウ デ オソワリタカッタ カガク
シリーズ名 シリーズ大人のための科学
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.2
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-60030-0
NCID BA85159859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想