中央アジアのイスラーム

濱田正美 著

本書は、中央アジアの人びとによるイスラームの信仰の受容とその後の展開を、他のイスラーム地域との関わりを視野にいれ、かつ政治的・社会的な背景とも関連づけつつたどろうとするものである。そこでは、この地のムスリムたちが、一方的に既成の信仰を受け入れたわけではなく、その確立と新たな展開に多くの寄与をおこなったことが示されるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナイポールの謬論
  • 1 イスラーム信仰の定式化
  • 2 イスラームの伝播
  • 3 スーフィズム
  • 4 モンゴルの侵入とそれ以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中央アジアのイスラーム
著作者等 浜田 正美
書名ヨミ チュウオウ アジア ノ イスラーム
シリーズ名 世界史リブレット 70
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.2
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34700-7
NCID BA85114249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想