友だち地獄 : 「空気を読む」世代のサバイバル

土井隆義 著

誰からも傷つけられたくないし、傷つけたくもない。そういう繊細な「優しさ」が、いまの若い世代の生きづらさを生んでいる。周囲から浮いてしまわないよう神経を張りつめ、その場の空気を読む。誰にも振り向いてもらえないかもしれないとおびえながら、ケータイ・メールでお互いのつながりを確かめ合う。いじめやひきこもり、リストカットといった現象を取り上げ、その背景には何があるのか、気鋭の社会学者が鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いじめを生み出す「優しい関係」(繊細な気くばりを示す若者たち
  • 友だちとの衝突を避けるテクニック ほか)
  • 第2章 リストカット少女の「痛み」の系譜(高野悦子と南条あやの青春日記
  • 自分と対話する手段としての日記 ほか)
  • 第3章 ひきこもりとケータイ小説のあいだ(「自分の地獄」という悪夢
  • 「優しい関係」という大きな壁 ほか)
  • 第4章 ケータイによる自己ナビゲーション(ケータイはもはや電話機ではない
  • 「ふれあい」のためのメディア ほか)
  • 第5章 ネット自殺のねじれたリアリティ(ネット集団自殺がみせる不可解さ
  • 現実世界のリアリティの希薄さ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 友だち地獄 : 「空気を読む」世代のサバイバル
著作者等 土井 隆義
書名ヨミ トモダチ ジゴク : クウキ オ ヨム セダイ ノ サバイバル
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.3
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06416-5
NCID BA8510992X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21405481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想