早わかり世界の文学 : パスティーシュ読書術

清水義範 著

作家・清水義範の小説スタイルは「パスティーシュ(模倣芸術)」と呼ばれてきた。さかのぼれば、『旧約聖書』の「ノアの方舟」の話は『ギルガメシュ叙事詩』からの引用だと言われる。スタインベック『エデンの東』は『旧約聖書』のカインとアベルの物語から作られた。また、デフォーの『ロビンソン・クルーソー』に腹を立てて生まれたのがスウィフトの『ガリヴァー旅行記』である。世界の文学はつながっている。膨大な読書体験と創作の方法をひもとくことで、それがそのまま文学案内となる面白くて便利な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 講義1 パロディで文学はつながっている
  • 補講1 パスティーシュの正体は何か
  • 講義2 読書で学べること
  • 補講2 私が決める世界十大小説
  • 講義3 作文教室と創作方法
  • 補講3 ユーモア文学論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 早わかり世界の文学 : パスティーシュ読書術
著作者等 清水 義範
書名ヨミ ハヤワカリ セカイ ノ ブンガク : パスティーシュ ドクショジュツ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.3
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06404-2
NCID BA85109409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21405479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想