計量経済学

辻村江太郎 著

マネタリストへの鋭い批判を基調に、計量経済学の理論と手法を明快に説いた入門書。実証研究の実例を教材に、いかに既成の理論を検証し、新たな事実認識をふまえて理論を再構成するのか、その手順を鮮やかに示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済理論と実証研究
  • 第1章 政策課題と理論と計測-負の所得税の例
  • 第2章 消費需要の2費目分割モデル
  • 第3章 多費目消費需要関数の測定
  • 第4章 単一市場均衡への実証的接近-多占の理論と測定
  • 第5章 生産者均衡の理論と生産関数の具体型
  • 第6章 多市場一般均衡モデルの実証化
  • 第7章 抽象理論から実証理論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計量経済学
著作者等 辻村 江太郎
書名ヨミ ケイリョウ ケイザイガク
書名別名 Keiryo keizaigaku
シリーズ名 岩波全書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.2
ページ数 316p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-021899-3
NCID BA85107389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想