アリストテレスの現象学的解釈

マルティン・ハイデガー 著 ; 高田珠樹 訳

『存在と時間』の原型となった若きハイデガーの幻の草稿「ナトルプ報告」、初の邦訳単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アリストテレスの現象学的解釈(解釈学的状況の提示
  • 『ニコマコス倫理学』第六巻
  • 『形而上学』第一巻の第一章と第二章
  • 『自然学』第一巻から第五巻
  • 第二部について、『形而上学』第七巻、第八巻、第九巻の解釈)
  • ハイデガーの初期「神学」論文(ハンス=ゲオルク・ガダマー)
  • 付録 『ナトルプ報告』の成立とその位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アリストテレスの現象学的解釈
著作者等 Heidegger, Martin
高田 珠樹
ハイデガー マルティン
書名ヨミ アリストテレス ノ ゲンショウガクテキ カイシャク : ソンザイ ト ジカン エノ ミチ
書名別名 Phanomenologische Interpretationen zu Aristoteles

『存在と時間』への道

Arisutoteresu no genshogakuteki kaishaku
出版元 平凡社
刊行年月 2008.2
ページ数 224p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-70277-4
NCID BA85083021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21398241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想