狐と狸と大統領 : ロシアを見る目

小林和男 著

ユニークな男たちがロシアを揺るがした。ゴルバチョフは変革を、エリツィンは混乱を、そして、プーチンは…?『エルミタージュの緞帳』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞の著者がプーチン時代と次のロシアを複眼で見る目から鱗のジャーナリスティック・エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プーチン-力の裏にあるもの(政治家の支持率
  • 人気政権とメディア ほか)
  • 世界の中のロシア-二つの脅威(機密と国益
  • 小泉人気とゴルバチョフ ほか)
  • 暮らし-プーチン人気の背景(国土が売り出される
  • 税金警察の解体 ほか)
  • ロシア人の心-数字で測れない力(いっしょに笑える言葉
  • 言い訳をする人しない人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狐と狸と大統領 : ロシアを見る目
著作者等 小林 和男
書名ヨミ キツネ ト タヌキ ト ダイトウリョウ : ロシア オ ミル メ
書名別名 Kitsune to tanuki to daitoryo
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.2
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-14-081278-5
NCID BA85076707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21379338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想