弾左衛門とその時代

塩見鮮一郎 著

弾左衛門制度は、江戸幕藩体制下、関八州の穢多身分を支配し、下級刑吏による治安維持、斃牛馬処理の運営を担った。明治維新を迎え、13代弾左衛門(弾内記=矢野直樹)は反差別の運動を起し、賎称廃止令によって被差別身分からは脱するが、同時に職業の特権的専制を失う。時代に翻弄されたその生涯を凝縮する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに-弾左衛門とはなにか
  • 第2章 弾左衛門という制度
  • 第3章 弾直樹の生涯(小伝)
  • 第4章 弾左衛門の謎
  • 第5章 おわりに-中世へ
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弾左衛門とその時代
著作者等 塩見 鮮一郎
書名ヨミ ダンザエモン ト ソノ ジダイ
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2008.1
ページ数 194p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-40887-3
NCID BA85026323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21365583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想