江戸の知識から明治の政治へ

松田宏一郎 著

近代化の要請に伴う衝撃を西洋・アジア諸国に共通の課題として捉え直し、伝統/近代・西洋/東洋といった枠組みをのり超えて、幕末明治の多様な発想と論理が切り結ぶ場に注目した新しい日本政治思想史の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 統治エリート観における伝統と近代(「政事」と「吏事」-徳川期の統治と人材
  • 朱子学・正学・実学-佐久間象山
  • エリート形成と能力主義の定義
  • 福沢諭吉における知の「分権」)
  • 第2部 アジア認識と伝統の再構成(「亜細亜」の「他称」性
  • 「文明」「儒学」「ダーウィニズム」
  • 「封建」と「自治」、そして「公共心」というイデオロギー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の知識から明治の政治へ
著作者等 松田 宏一郎
書名ヨミ エド ノ チシキ カラ メイジ ノ セイジ エ
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2008.2
ページ数 288, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1198-0
NCID BA85009007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21384170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想