岡田武史監督と考えた「スポーツと感性」

志岐幸子 著

観客を感動させるプレーはいかにして生まれるのか?ベストパフォーマンスを引き出すには何が必要か?サッカー日本代表監督・岡田武史が感性のスペシャリストと21世紀のスポーツを論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 感性とは何か
  • 第2章 トップアスリートの感性
  • 第3章 スポーツと感性
  • 第4章 「ゾーン」と「感性」を脳・心・禅の観点で考える
  • 第5章 日常生活と教育で養われる感性
  • 第6章 感性の力を発揮するためにできること
  • 第7章 感動と幸福を生む感性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岡田武史監督と考えた「スポーツと感性」
著作者等 岡田 武史
志岐 幸子
書名ヨミ オカダ タケシ カントク ト カンガエタ スポーツ ト カンセイ
書名別名 Okada takeshi kantoku to kangaeta supotsu to kansei
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2008.2
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-16651-9
NCID BA8499123X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21372855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想