JRはなぜ変われたか

山之内秀一郎 著

民営化とは、体に染みついた「官」の臭いを、1枚ずつ引きはがすこと。1日52億円の赤字から1日26億円の黒字へ。「現場」の隅々に精通した技術系トップが振り返る、激闘の20年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 JR東日本の誕生まで
  • 第1章 ハードもソフトも、すぐに大転換
  • 第2章 列車サービスの改善
  • 第3章 まず安全、そして近代化とデザインの革新をめざして
  • 第4章 談合と天下りとの決別めざして
  • 第5章 技術をインソーシング化する
  • 第6章 駅ナカとSuica革命
  • 終章 これからのJR東日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 JRはなぜ変われたか
著作者等 山之内 秀一郎
書名ヨミ JR ワ ナゼ カワレタカ
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2008.2
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-31832-5
NCID BA84986080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21374057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想