ゲーテ『イタリア紀行』を旅する

牧野宣彦 著

ゲーテには、文豪という顔のほかにワイマール公国の顧問官という政治家の顔もあった。7歳年上の人妻、シュタインとのかなわぬ恋に疲れたゲーテは、遁走するようにイタリアへの旅に出る。しかしイタリアは、ゲーテにとって若い日から夢見た憧れの「都」でもあった。北イタリアの諸都市からローマ、ナポリ、シチリアへとつづく旅は、好奇心に満ち満ちている。そしてゲーテは、その1年10ヶ月におよぶ旅を、克明な日記に書き残した。本書は文豪の「知の旅」を辿り、それを体感するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリア出発までのゲーテ
  • 第2章 ブレンナー峠からヴェローナまで
  • 第3章 ヴェローナからヴェネツィアへ
  • 第4章 ヴェネツィア
  • 第5章 ヴェネツィアからローマまで
  • 第6章 第1次ローマ滞在
  • 第7章 ローマからナポリへ
  • 第8章 ナポリからシチリアへ
  • 第9章 第2次ローマ滞在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲーテ『イタリア紀行』を旅する
著作者等 牧野 宣彦
書名ヨミ ゲーテ イタリア キコウ オ タビスル
シリーズ名 集英社新書ヴィジュアル版
出版元 集英社
刊行年月 2008.2
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720432-2
NCID BA84982115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21377120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想