マクルーハンの光景メディア論がみえる

宮澤淳一 著

メディア論の元祖にして不可解な思想家マーシャル・マクルーハン。ジョン・ケージが絶讃した本邦初訳の「外心の呵責」の精読、「メディアはメッセージである」の新解釈、聴覚空間論。グールド、シェーファー、フラー、前衛芸術との出会い。ジョン・レノンとの接触と「地球村」の再考。吉田秀和賞のグールド研究者による斬新な入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • テキスト マクルーハン「外心の呵責」(宮澤淳一訳)
  • 第1講 マクルーハン精読(テキストの読み解き方
  • テクノロジーと拡張
  • 中枢神経系の拡張 ほか)
  • 第2講 メッセージとメディア(マクルーハンの半生
  • 博士論文の位置
  • 『機械の花嫁』(一九五一年) ほか)
  • 第3講 ジョン・レノンと地球村(「ベッド・イン」キャンペーン
  • ジョン・レノン対マクルーハン
  • 地球村とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マクルーハンの光景メディア論がみえる
著作者等 宮沢 淳一
宮澤 淳一
書名ヨミ マクルーハン ノ コウケイ メディア ロン ガ ミエル
書名別名 Makuruhan no kokei media ron ga mieru
シリーズ名 理想の教室 / 亀山郁夫, 小森陽一, 巽孝之, 西成彦, 水林章, 和田忠彦 編
出版元 みすず書房
刊行年月 2008.2
ページ数 164p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-622-08328-3
NCID BA84969150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21371963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想