思考と発話 : 明示的伝達の語用論

ロビン・カーストン 著 ; 内田聖二, 西山佑司, 武内道子, 山崎英一, 松井智子 訳

Griceの「言われていること(what is said)」を批判的に再解釈し、発せられたことばだけでは話し手の意味を決定できないことを関連性理論の立場から説得的に論じる。発話とその元となる「思考の言語」との関係から、and接続文やメタ否定、さらにメタファーまでを射程に入れる。関連性理論を肯定的に検証し、新しい展開を試みる意欲的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 語用論と言語的決定不十分性(言っていることと意味していること
  • 決定不十分性のテーゼ ほか)
  • 第2章 明示的側面と非明示的側面の区別(意味論・語用論の区別
  • Grice:言うことと推意すること ほか)
  • 第3章 And連言文の語用論(Andの真理条件性の維持
  • 連言文の関連性に根ざした語用論 ほか)
  • 第4章 否定の語用論(データと区別
  • 意味論的曖昧性分析 ほか)
  • 第5章 オンライン概念構築の語用論(コード化される概念と伝達される概念
  • 絞り込みと拡張との対称的説明 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考と発話 : 明示的伝達の語用論
著作者等 Carston, Robyn
内田 聖二
山崎 英一
武内 道子
西山 佑司
西山 志風
松井 智子
カーストン ロビン
書名ヨミ シコウ ト ハツワ : メイジテキ デンタツ ノ ゴヨウロン
書名別名 Thoughts and utterances

Shiko to hatsuwa
出版元 研究社
刊行年月 2008.3
ページ数 616p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-327-40148-1
NCID BA84966108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21379893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想