青花の道 : 中国陶磁器が語る東西交流

弓場紀知 著

白磁胎に、コバルト顔料で絵付をした彩画磁器、青花。元代、中国の景徳鎮で完成したといわれ、日本では「染付」と呼ばれている。なぜ、この時代、突然出現したのか、今もって謎である。元、明、清代、中国の特産品として、日本、アジア、イスラーム中東、さらにヨーロッパへと運ばれた。青花の伝世品や陶磁片を各地へ訪ね、全く新たな視点から、誕生をめぐる問題や謎をとらえ直し、「新陶磁の道」を提起する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 王宮の天井を埋め尽くす青花磁器
  • 第1章 「陶磁の道」研究のパイオニアたち
  • 第2章 青花磁器の誕生
  • 第3章 元代の景徳鎮窯
  • 第4章 明代の景徳鎮窯
  • 第5章 青花磁器は海を越えて
  • 第6章 スルタンの中国陶磁コレクション
  • 第7章 琉球王国に下賜された青花磁器
  • 第8章 海に眠る中国陶磁器
  • 第9章 草原世界へ広がる青花磁器の道
  • 第10章 青花磁器とチャイナ・ブーム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青花の道 : 中国陶磁器が語る東西交流
著作者等 弓場 紀知
書名ヨミ セイカ ノ ミチ : チュウゴク トウジキ ガ カタル トウザイ コウリュウ
シリーズ名 NHKブックス 1104
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.2
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091104-4
NCID BA84962639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想