アメリカの経済政策 : 強さは持続できるのか

中尾武彦 著

アメリカ経済がどうなっていくかを判断するためには、ここ数年、あるいはここ数十年のアメリカの経済政策を丹念に読み解く必要がある。これまで、高い成長を維持してきた一方で、所得格差は拡大しており、家計貯蓄率はゼロに近づいている。また、好調に見えていたところに出現したサブプライム問題も、暗い影を落としている。アメリカの底力は今後も続くのか。現地での観察・対話・分析を通して展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ経済一〇年間の成果と課題
  • 第2章 グローバル化と技術革新がもたらす変化
  • 第3章 マクロ経済政策の視点
  • 第4章 新たな地政学的環境の中での対外経済政策
  • 第5章 変革の進む金融セクターとその政策
  • 終章 日本へのメッセージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの経済政策 : 強さは持続できるのか
著作者等 中尾 武彦
書名ヨミ アメリカ ノ ケイザイ セイサク : ツヨサ ワ ジゾクデキルノカ
書名別名 Amerika no keizai seisaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.2
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101932-5
NCID BA84958777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21404447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想