福本和夫著作集  第5巻

福本和夫 著 ; 石見尚, 小島亮, 清水多吉, 八木紀一郎 編

マルクス主義者福本和夫が、日本ルネッサンス史論体系の構想のもとに、北斎の画法の秘密を独創的な手法で探り当て、西洋近代絵画にあらわれたジャポニズムを先駆的に解明した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 北斎と近代絵画(日本ルネッサンスの巨匠
  • 北斎と印象派・立体派の人々
  • 北斎と明治文学 ほか)
  • 2 北斎と写楽(北斎の生活と画論の巻-北斎自筆の生活記録と画論
  • 北斎と写楽の巻
  • 北斎と魯迅の巻)
  • 3 附録(フランスの印象派とわが印象派文学
  • ゴッホ、クールベと前田と海)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福本和夫著作集
著作者等 小島 亮
清水 多吉
石見 尚
福本 和夫
書名ヨミ フクモト カズオ チョサクシュウ
書名別名 葛飾北斎論

Fukumoto kazuo chosakushu
巻冊次 第5巻
出版元 こぶし書房
刊行年月 2008.2
ページ数 460, 9p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-87559-235-8
NCID BA8495705X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21380985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
葛飾北斎論 福本 和夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想