たのしみを解剖する : アミューズメントの基礎理論

村上和夫, 長田佳久, 河東田博 編著

生活を楽しむ新しい価値の創造。人はなぜ、どんな時に"たのしい"と感じるのか。心理学・コミュニティ福祉学・観光学の研究方法から新しいアミューズメントの創造に向けて総合的に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アミューズメント研究を考える
  • 第1部 たのしみの認識を通して考えるアミューズメント-心理プロジェクト(心理学のアミューズメントとは何か?
  • 外界の「うごき」にみるアミューズメント-表現と認識
  • 意識としての「注意」と事象の変化-世界をとらえる仕組み
  • 身体と感覚の不思議-他者と同期する行為と身体の錯覚
  • 動物のアミューズメント行動を考える
  • 身体から見たアミューズメント)
  • 第2部 人と人との出会いを通して考えるアミューズメント-福祉プロジェクト(福祉の領域でアミューズメントをどう捉えようとしたか
  • フィジカルアクティビティとアミューズメント
  • 大学は「アミューズメント」を提供する場となりうるか-「人の輪づくり」を通しての試み
  • ディズアビリティとアミューズメント
  • 多様な活動を支える基盤づくり
  • 「アミューズメント文化的生活の質」を高めていくために-まとめに代えて)
  • 第3部 旅・ホスピタリティを通して考えるアミューズメント-観光プロジェクト(観光学における「アミューズメント」の概念
  • 観光イメージの消費
  • 観光地における愉しさの創造
  • ちまた話と娯楽施設
  • 雑誌にみる愉しみとしての海外旅行
  • 観光アミューズメントのアーカイブ
  • 観光アミューズメント研究の方向)
  • "楽しい"を支える多様性-アミューズメントを論じることの現代的意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たのしみを解剖する : アミューズメントの基礎理論
著作者等 村上 和夫
河東田 博
長田 佳久
書名ヨミ タノシミ オ カイボウスル : アミューズメント ノ キソ リロン
出版元 現代書館
刊行年月 2008.2
ページ数 293p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7684-3473-4
NCID BA84954448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想