堀辰雄覚書

遠藤周作 [著]. サド伝 / 遠藤周作 [著]

日本人にとってキリスト教信仰はいかに可能か、という問題意識のもと、戦時下より親交のあった堀辰雄の作品を対象に、その純粋性から宗教性へ、さらには古典的汎神論の世界へと考察を深めた最初期の評論「堀辰雄覚書」、また、リベルタンとしての歩みを進めることで、キリスト教規範と闘い、性と自由の先見的な思想を掴んだサドを赤裸に描いた「サド伝」を収録。著者の表現の根幹を知るための貴重な一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サド伝
  • 堀辰雄覚書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堀辰雄覚書
著作者等 遠藤 周作
書名ヨミ ホリ タツオ オボエガキ. サドデン
書名別名 Hori tatsuo oboegaki. Sadoden
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.2
ページ数 266p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290003-4
NCID BA84948547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想