哲学の歴史  第1巻(古代 1) (哲学誕生)

内山勝利, 小林道夫, 中川純男, 松永澄夫 編

西洋文化・伝統の根幹をなす営み、ここに始まる-西洋哲学の全体像を描き出す日本初のシリーズ、第10弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 始まりとしてのギリシア
  • 1 最初の哲学者たち
  • 2 エレア学派と多元論者たち
  • 3 ソフィスト思潮
  • 4 ソクラテス
  • 5 小ソクラテス学派
  • 6 プラトン
  • 7 アリストテレス
  • 8 テオプラストスと初期ペリパトス学派

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の歴史
著作者等 三嶋 輝夫
三浦 要
中川 純男
中畑 正志
丸橋 裕
今井 正浩
内山 勝利
国方 栄二
小林 道夫
小池 澄夫
山田 道夫
木原 志乃
村井 則夫
桜井 万里子
納富 信留
書名ヨミ テツガク ノ レキシ
書名別名 哲学誕生

Histoire de la philosophie
巻冊次 第1巻(古代 1) (哲学誕生)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.2
ページ数 742p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-403518-6
NCID BA84943714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想