ストレス「善玉」論

中沢正夫 著

精神科医である著者の元には、ストレスを訴えやってくる患者が絶えない。しかし、著者自身もストレスにのたうち回る日々。その体験をユーモアあふれる筆致でつづり、ストレスは自分の生きがいと密接に関係しており、それ自体は必ずしも「悪玉」ではないことを語る。身体症状に直結させないための対処法に加え、今回新たに「職場の同僚が潰れたとき、復帰してくるとき」を加筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ストレス「悪」論の時代
  • 第2章 ストレス国の住人たち
  • 第3章 精神科医"初老"日記
  • 第4章 心の安定装置
  • 第5章 安心のための十ケ条
  • 補遺 職場の同僚が潰れたとき、復帰してくるとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストレス「善玉」論
著作者等 中沢 正夫
書名ヨミ ストレス ゼンダマロン
書名別名 Sutoresu zendamaron
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.2
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603162-6
NCID BA84926260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21390902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想