希土類とアクチノイドの化学

Simon Cotton 著 ; 足立吟也 監修 ; 足立吟也, 日夏幸雄, 宮本量 訳

いまもっとも注目される"希土類"と"アクチノイド"を一冊に集約したいまだかつてない構成。アクチノイドの性質について希土類との違いがわかるようにしっかり解説。最新の知見を網羅した解説。演習問題、文献を多数設け、読者のさらなる理解と発展に役立つよう配慮。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 希土類を学ぶにあたって
  • 希土類-その基礎と熱化学
  • 希土類の金属と化合物
  • 希土類の配位化学
  • ランタニドの電子的性質と磁気的性質
  • 希土類の有機金属化学
  • はみ出し者の元素:スカンジウム、イットリウム、プロメチウム
  • 有機化学に用いられるランタニドとスカンジウム
  • アクチノイド入門
  • アクチノイドの二元系化合物
  • アクチノイドの配位化学
  • アクチノイドの電子的・磁気的性質
  • アクチノイドの有機金属化学
  • 超アクチノイドの合成と化学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希土類とアクチノイドの化学
著作者等 Cotton, Simon
宮本 量
日夏 幸雄
足立 吟也
サイモン コットン
書名ヨミ キドルイ ト アクチノイド ノ カガク
書名別名 Lanthanide and actinide chemistry

Kidorui to akuchinoido no kagaku
出版元 丸善
刊行年月 2008.2
ページ数 335p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-07937-9
NCID BA84923863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21368880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想