シューマン

藤本一子 著

時代を代表する作曲家・批評家として成功した巨匠は、家庭では愛妻クラーラにこまやかな愛情を注ぎ続けた。数々の名作に彩られた充実の人生に、やがて訪れる悲劇的な最期…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生涯篇(核心の形成-ツヴィッカウの少年時代(一八一〇〜二八)
  • 法科の大学生時代(一八二八〜三〇)
  • 音楽家としての出発(一八三〇〜三三)
  • 「ダーヴィト同盟」と『音楽新報』-ライプツィヒでの活動その一(一八三三〜四〇)
  • ライプツィヒでの活動その二(一八四〇〜一八四四)
  • ドレスデンに新境地を求めて(一八四四〜五〇)
  • 近代社会との対峙-デュッセルドルフの音楽監督(一八五〇〜五四)
  • エンデニヒ療養所(一八五四〜一八五六))
  • 作品篇(器楽作品
  • 声楽作品
  • シューマンによる著作)
  • 資料編(シューマン年譜
  • ジャンル別作品一覧
  • 主要参考文献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シューマン
著作者等 藤本 一子
書名ヨミ シューマン
書名別名 Robert Schumann
シリーズ名 作曲家・人と作品シリーズ
出版元 音楽之友社
刊行年月 2008.2
ページ数 220, 51p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-276-22179-6
NCID BA84911773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想