日本文化論の名著入門

大久保喬樹 著

新渡戸稲造の『武士道』、ルース・ベネディクトの『菊と刀』など、明治から戦後までの日本文化を論じた内外の名著17編の読みどころを選りすぐって抜き出し、その意義を平易に解説。急激なグローバル化の進む中、日本文化の多様な姿を理解し、日本人としてのアイデンティティーを再確認するために最適な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 外からの日本発見
  • 2 世界に向けて日本を発信する
  • 3 民俗文化の古層を求めて
  • 4 日本文化哲学の創造
  • 5 さまざまな美意識
  • 6 伝統への反逆と革新
  • 7 近代西欧社会モデルか伝統日本文化か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化論の名著入門
著作者等 大久保 喬樹
書名ヨミ ニホン ブンカ ロン ノ メイチョ ニュウモン
シリーズ名 角川選書 422
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.2
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703422-8
NCID BA84880476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21376982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想