天下之記者 : 「奇人」山田一郎とその時代

高島俊男 著

「政治の早稲田」をつくったのに、自ら衆院選に立候補すれば結果は九十六票。東大出の元祖フリージャーナリストでもあった秀才「奇人」のおかしくもヒネクレた、その人生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「奇人」山田一郎
  • 2 安藝府中の英学少年
  • 3 東京大学前史
  • 4 東京開成学校から東京大学へ
  • 5 鴎渡会結成
  • 6 改進党と東京専門学校
  • 7 早稲田の移転騒動
  • 8 静岡、そして富山
  • 9 放浪時代
  • 10 落魄、そして死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下之記者 : 「奇人」山田一郎とその時代
著作者等 高島 俊男
書名ヨミ テンカ ノ キシャ : キジン ヤマダ イチロウ ト ソノ ジダイ
書名別名 Tenka no kisha
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.2
ページ数 378p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660621-4
NCID BA84875057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想