花粉症は環境問題である

奥野修司 著

かつて日本を覆っていた広葉樹林。戦後、国策によってその大部分をスギに代えたのは、環境破壊である。「死の森」の出現、花粉症の蔓延-新しい角度から、花粉症の解決を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ぼくの花粉症戦争(黄色い花粉の山へ
  • 減感作療法 ほか)
  • 第2章 花粉症にはなぜ俗説が多いのか(アレルギーの犯人は肥満細胞
  • 無害な花粉になぜ苦しめられるのか ほか)
  • 第3章 花粉症は国家の犯罪(宮本常一と十津川風景
  • 大雨で流されるスギ ほか)
  • 第4章 花粉症は公害だ(スギ花粉は公害だ
  • 裁判所も認めた国の失政 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花粉症は環境問題である
著作者等 奥野 修司
書名ヨミ カフンショウ ワ カンキョウ モンダイ デ アル
書名別名 Kafunsho wa kankyo mondai de aru
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.2
ページ数 195p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660619-1
NCID BA84872627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想