昭和の名将と愚将

半藤一利, 保阪正康 編

責任感、リーダーシップ、戦略の有無、知性、人望…昭和の代表的軍人二十二人を俎上に載せて、敗軍の将たちの人物にあえて評価を下す。リーダーたるには何が必要なのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 名将篇(栗林忠道
  • 石原莞爾と永田鉄山
  • 米内光政と山口多聞
  • 山下奉文と武藤章
  • 伊藤整一と小沢治三郎
  • 宮崎繁三郎と小野寺信
  • 今村均と山本五十六)
  • 愚将篇(服部卓四郎と辻政信
  • 牟田口廉也と瀬島龍三
  • 石川信吾と岡敬純
  • 特攻隊の責任者-大西瀧治郎・冨永恭次・菅原道大)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和の名将と愚将
著作者等 保阪 正康
半藤 一利
書名ヨミ ショウワ ノ メイショウ ト グショウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.2
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660618-4
NCID BA84872150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想