限界集落

梶井照陰 著

いいのか日本?今後10年以内に423の集落が消滅する。誰にも気づかれることなく、消えてしまうかもしれない過疎の村に住む人々の姿を真摯に、優しい視線で切り取った、写真家・梶井照陰のフォト+ルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新潟県・佐渡ヶ島(1)-2007.03.03
  • 山梨県・芦川-2007.03.29
  • 新潟県・鹿瀬-2007.04.24
  • 熊本県・球磨村-2007.06.24
  • 長野県・栄村-2007.07.09
  • 北海道・初山別村-2007.07.29
  • 山形県・西川町-2007.08.25
  • 新潟県・佐渡ヶ島(2)-2007.09.30
  • 徳島県・一宇-2007.10.19
  • 東京都・桧原村-2007.11.09
  • 和歌山県・高野町-2007.11.18
  • 石川県・門前町-2007.11.20
  • 京都府・五泉町-2007.12.11

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 限界集落
著作者等 梶井 照陰
書名ヨミ ゲンカイ シュウラク
書名別名 Marginal village
出版元 フォイル
刊行年月 2008.2
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-902943-29-0
NCID BA84850690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21368438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想