若者が主役だったころ : わが60年代

色川大吉 著

一九六〇年代、人々はなお貧しくても前途に希望をもって生きていたし、学生や若者たちが歴史の前面に出て主役を演じていた時代であった。戦後復興が終わった一九五六年から六八年まで、安保、オリンピック、高度成長、文革、ベトナム戦争、学園紛争と激動する時代を、同時代史と切り結んだ痛覚から生々しく描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昭和の三〇年と私-一九二五‐五五年
  • 第1章 新しい人生への再出発
  • 第2章 安保デモの渦中で
  • 第3章 東京オリンピック前後
  • 第4章 人生の難関に直面
  • 第5章 海外から日本を考える
  • 第6章 ユーラシア単独行
  • 終章 帰ってきた日本は-「昭和元禄」と若者たちの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若者が主役だったころ : わが60年代
著作者等 色川 大吉
書名ヨミ ワカモノ ガ シュヤク ダッタ コロ : ワガ 60ネンダイ
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.2
ページ数 340p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025763-3
NCID BA84845806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21391396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想