秋成文学の生成

飯倉洋一, 木越治 編

上田秋成の文学はどのような過程をへて生成し、流通し、そして変容していったのか。没後二百年にあたり、秋成研究の現在を担う研究者による達成を示す。付・『雨月物語』典拠一覧。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究史展望
  • 第1章 秋成再考
  • 第2章 秋成浮世草子の生成
  • 第3章 『雨月物語』の再生
  • 第4章 和学者秋成の視線
  • 第5章 秋成和文の誕生
  • 第6章 『春雨物語』新考
  • 第7章 『雨月物語』研究のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秋成文学の生成
著作者等 木越 治
飯倉 洋一
書名ヨミ アキナリ ブンガク ノ セイセイ
書名別名 Akinari bungaku no seisei
出版元 森話社
刊行年月 2008.2
ページ数 410p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-916087-82-9
NCID BA84845307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21384166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想