司法の変容と憲法

笹田栄司 著

[目次]

  • 第1部 裁判制度変革の可能性(最高裁判所改革による違憲審査の活性化
  • 裁判官制度
  • 司法における専門性と国民参加-戦後司法制度改革補遺
  • 裁判員制度と日本国憲法
  • 裁判外紛争処理-民事裁判における訴訟上の和解(司法型ADR)を中心にして)
  • 第2部 訴訟法と憲法(憲法学から見た行政事件訴訟法改正
  • 訴訟法改正と憲法的思考
  • 裁判所等が定める和解条項(民訴法二六五条)
  • イン・カメラ手続の憲法的定礎)
  • 第3部 裁判を受ける権利-残された課題(裁判を受ける権利の"本来的射程"-訴訟非訟二分論の克服
  • 裁判を受ける権利の発展可能性-法的聴聞権を中心として
  • 「訴権」の憲法的理解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司法の変容と憲法
著作者等 笹田 栄司
書名ヨミ シホウ ノ ヘンヨウ ト ケンポウ
出版元 有斐閣
刊行年月 2008.2
ページ数 328, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-13033-3
NCID BA84843618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21398279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想