親と子の発達心理学 : 縦断研究法のエッセンス

岡本依子, 菅野幸恵 編

妊娠期から5歳まで、親子を継続的に追跡した「かんがるぅプロジェクト」。その研究ノウハウを全面公開!縦断研究によって明らかになった親と子(そして研究者)の発達の姿とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 縦断研究の方法-立ち上げ、実施、分析、フィードバック(プロジェクトを準備する
  • 協力家庭への訪問のしかた
  • 親子のやりとりについての観察のしかた
  • 子育てについてのインタビューのしかた
  • 分析のしかた ほか)
  • 第2部 縦断研究から見えてきた親子の発達のすがた(「かんがるぅプロジェクト」-その概要と時代背景
  • 胎児とのやりとり
  • 父親役割の芽生え
  • 子どもの誕生と夫婦関係の意味づけの変化
  • 母親による子どもの代弁 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親と子の発達心理学 : 縦断研究法のエッセンス
著作者等 岡本 依子
菅野 幸恵
書名ヨミ オヤ ト コ ノ ハッタツ シンリガク : ジュウダン ケンキュウホウ ノ エッセンス
書名別名 Oya to ko no hattatsu shinrigaku
出版元 新曜社
刊行年月 2008.2
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1085-2
NCID BA84824249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21371560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想