マンガでわかる分子生物学

武村政春 著 ; 咲良 作画

本書は、春日アミと夏川リンという二人の大学生が主人公です。二人が、「分子生物学」の補講のため、毛呂教授が持つ離れ小島の研究所に呼び出され、分子生物学の「バーチャル体験」を通じて、イケメン助手の門後テル君から様々なことを学んでいきます。このバーチャル体験は、研究者が研究の過程で作り出す作業仮説のモデルであり、研究成果を発表する際に用いるモデルであると言えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 細胞って何だろう?(細胞は生きた小さな袋
  • 細胞の中をのぞいてみよう
  • 細胞の司令塔:核
  • 単細胞生物と多細胞生物
  • 原核生物と真核生物)
  • 第2章 タンパク質とDNA(細胞の活動はタンパク質が支えている
  • タンパク質の材料:アミノ酸
  • タンパク質の設計図:遺伝子
  • DNAとヌクレオチド
  • 遺伝子の図書館:ゲノム)
  • 第3章 DNAの複製と細胞の分裂(細胞は分裂して増える
  • 分裂の前にDNAが複製される
  • 染色体って何?
  • ダイナミックな細胞分裂
  • 細胞周期って何?
  • がんはどうしてできちゃうの?)
  • 第4章 タンパク質はどうやって作られるか?(遺伝子は転写されてなんぼ
  • クロマチンと転写のしくみ
  • RNAって何?
  • リボソームと翻訳のしくみ)
  • 第5章 分子生物学の技術と応用(遺伝子組換え技術ってどういうもの?
  • 遺伝子診断と遺伝子治療
  • 現代のレオナルド・ダ・ヴィンチはどこに?
  • PCRはどのような方法か?
  • クローン生物の作り方
  • 生物の進化と人間の未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガでわかる分子生物学
著作者等 咲良
武村 政春
ビーコム
書名ヨミ マンガ デ ワカル ブンシ セイブツガク
書名別名 The comic guide to molecular biology
出版元 オーム社
刊行年月 2008.1
ページ数 235p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-274-06702-0
NCID BA84813322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21368614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想