翼のはえた指 : 評伝安川加壽子

青柳いづみこ 著

大戦前夜にフランスから帰国し、圧倒的なテクニックと知的で優雅な演奏スタイルで、衝撃的デビューをとげた天才少女ピアニストは、日本の音楽界に何をもたらしたのか。戦後日本のピアノ界をリードし続けた安川加壽子の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 黒鍵のエチュード
  • 巨星墜つ
  • パリから来た天才少女
  • パリの修行時代
  • 戦争と平和
  • 奇跡を生むテクニック
  • より強く、より速く
  • ロング・ランとしての演奏人生
  • 家庭人安川加壽子
  • 果実の熟するごとく
  • 六十一歳の挫折
  • 翼をたたんた天女

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翼のはえた指 : 評伝安川加壽子
著作者等 青柳 いづみこ
書名ヨミ ツバサ ノ ハエタ ユビ : ヒョウデン ヤスカワ カズコ
シリーズ名 白水Uブックス 1093
出版元 白水社
刊行年月 2008.2
ページ数 376p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-72093-6
NCID BA84802359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21366635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想