ワイン物語 : 芳醇な味と香りの世界史  上

ヒュー・ジョンソン 著 ; 小林章夫 訳

エジプト、ポンペイ、グルジア、オーストラリア、ゴラン高原など世界各地への精力的な取材を経て、五年を費やして成った壮大な<人とワインの文化史>。古代ギリシアの酒宴、修道院の酒庫番が生んだシャンパン、世界一周へ出航するマゼランが積んだワイン、アメリカ禁酒法下のワイン貿易、新世界ワインの台頭、そして産業化した現代のワイン等々、多彩なエピソード満載の美味しい物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憂いを払う力
  • 初めてブドウが踏まれた場所
  • ファラオとワイン
  • ギリシア-ワイン色の海
  • 神を飲む
  • 『デ・レ・ルスティカ(農村の事物について)』
  • ユダヤ人の生活とキリスト教の儀式
  • 緑豊かな国
  • 神聖な飲み物を求めて
  • 帝国の継承者たち
  • 中世のワインづくりと試飲
  • 修道院とブドウ搾り
  • イングランドとガスコーニュ
  • ヴェニスの商人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワイン物語 : 芳醇な味と香りの世界史
著作者等 Johnson, Hugh
小林 章夫
ジョンソン ヒュー
書名ヨミ ワイン モノガタリ : ホウジュンナ アジ ト カオリ ノ セカイシ
書名別名 The story of wine
シリーズ名 平凡社ライブラリー 632
巻冊次
出版元 平凡社
刊行年月 2008.2
ページ数 338p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76632-5
NCID BA84801607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21388181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想