殺人現場を歩く

蜂巣敦, 山本真人 著

社会を震撼させた、18の殺人現場を歩く。世田谷一家四人殺害、東電OL殺人、つくば母子殺害、池袋通り魔、桶川ストーカー殺人、浅草女子短大生刺殺、綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人…。現場で見た情景は、不思議と懐かしいが、一様に殺風景で、殺人という事実の残像が「風景の中核」を空洞にしていた-。事件の核心に触れる写真ルポ。凄惨な凶行と私たちの日常の接点とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件
  • 目黒不動バラバラ殺人事件
  • 埼玉愛犬家連続殺人事件
  • 市川市一家四人殺害事件
  • 新宿西口バス放火事件
  • JR東京駅コンビニエンス店店長刺殺事件
  • 新宿タバコ店経営者連続殺人事件
  • 池袋通り魔連続殺傷事件
  • 宮崎勤事件(連続幼女誘拐殺人事件)
  • 世田谷一家四人殺害事件
  • 東電OL殺人事件
  • 浅草女子短大生刺殺事件
  • 柴又女子大生殺人放火事件
  • 八王子スーパー強盗殺人事件
  • つくば母子殺害事件
  • 板橋スナック四人密室殺人事件
  • 井の頭公園バラバラ殺人事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殺人現場を歩く
著作者等 山本 真人
蜂巣 敦
書名ヨミ サツジン ゲンバ オ アルク
書名別名 Satsujin genba o aruku
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.2
ページ数 315p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42400-6
NCID BA84792674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21379026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想