植物一日一題

牧野富太郎 著

独学で植物学を志し、のちに世界的な植物分類学者となった牧野富太郎が、伸びやかに綴った随筆。和漢洋の典籍を渉猟し、本草書を精査した著者が、その学識を背景に、植物の名の由来、その生態、日本人と植物の関わり方の歴史などを明快に説く。「馬鈴薯とジャガイモ」「キャベツと甘藍」「楓とモミジ」など身近な植物の分類にまつわる話から、「昔の草餅、今の草餅」「茶の銘玉露の由来」「中国の椿の字、日本の椿の字」「海藻ミルの食べ方」といった稀有な蘊蓄まで100題。挿絵多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 馬鈴薯とジャガイモ
  • 百合とユリ
  • キャベツと甘藍
  • 藤とフジ
  • ヤマユリ
  • アカザとシロザ
  • キツネノヘダマ
  • 紀州高野山の蛇柳
  • 無花果の果〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物一日一題
著作者等 牧野 富太郎
書名ヨミ ショクブツ イチニチ イチダイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.2
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09139-0
NCID BA84746156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想