異郷に生きる者

ツヴェタン・トドロフ [著] ; 小野潮 訳

異郷を往還する異邦人の"まなざし"で世界の現実を直視し、他者との相互作用を通じて世界と直に対峙する方法を模索する。『未完の菜園』『越境者の思想』に連なる省察の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ブルガリアの出身(全体主義の経験
  • 強制収容所
  • 共産主義の終焉)
  • 第2部 フランス国籍を持った者(クラフチェンコとルッセの裁判
  • トゥヴィエ事件
  • 人種差別についての論争
  • 知識人たちの政治
  • 表現の自由と検閲
  • 文化と日常生活)
  • 第3部 アメリカへの訪問者(文学批評
  • 人文学
  • 自律の凋落)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異郷に生きる者
著作者等 Todorov, Tzvetan
小野 潮
トドロフ ツヴェタン
書名ヨミ イキョウ ニ イキル モノ
書名別名 L'homme depayse
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 880
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.1
ページ数 280, 4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00880-1
NCID BA84739503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想