近代日本の植民地博覧会

山路勝彦 著

膨張する帝国日本の「アジアへの眼差し」国威発揚と統治の成果が謳い上げられた台湾・朝鮮・満洲の博覧会。絵葉書・ポスターから、近代日本の他者像=異民族・異文化像を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代日本の他者像("野蛮人"の表象、あるいは植民地主義の起源-明治七年の台湾出兵をめぐる諸問題
  • 拓殖博覧会と「帝国版図内の諸人種」)
  • 第2部 植民地の博覧会(朝鮮博覧会に見る幻想
  • 満洲を見せる博覧会
  • 台湾における植民地展覧会
  • 台湾博覧会、植民地は今花盛り)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の植民地博覧会
著作者等 山路 勝彦
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ショクミンチ ハクランカイ
出版元 風響社
刊行年月 2008.1
ページ数 314p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89489-125-8
NCID BA8470303X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21381060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想