メディアアートの世界 : 実験映像1960-2007

伊奈新祐 編

草創期から最先端まで。フィルム、ビデオ、CG、アニメーション、現役の作家たちが書き下ろす、その魅力と「制作の鍵」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フィルムとビデオ(一九六〇年代の私の実験映像
  • メディアアートとしての映像-自作に関わるノート
  • 映画・日常の冒険
  • メディアに対する批評性初期ビデオアートにおいて)
  • 第2部 アニメーションとCG(アートアニメーションについて-『緑玉紳士』の場合
  • たくさんの魔法使いたち
  • CGアニメーションの世界)
  • 第3部 音と映像(音から映像へ、映像から音へ-音符を媒介にして
  • 視覚と聴覚の統合-「映像音響詩」の作曲技法)
  • 第4部 ビデオからその先へ("眼差しの欲望"とビデオアート-ものから映像へ、映像から出来事へ
  • コンピュータアートからビデオアート、そしてメディアアートへ-日本的なるものを求めて)
  • 巻末資料 戦後実験映像/メディアアート史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアアートの世界 : 実験映像1960-2007
著作者等 伊奈 新祐
書名ヨミ メディア アート ノ セカイ : ジッケン エイゾウ 1960 - 2007
書名別名 Media ato no sekai
出版元 国書刊行会
刊行年月 2008.1
ページ数 210, 27p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-336-04989-6
NCID BA84694245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21441906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想