山田盛太郎 : マルクス主義者の知られざる世界

寺出道雄 著

戦前期マルクス主義の代表作の一つであり、日本における社会科学の展開に大きな影響を与えていった『日本資本主義分析』を読み直すことを通じて、新たな山田盛太郎像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山田の講演を聴く
  • 第2章 「共産党シンパ事件」まで
  • 第3章 『日本資本主義発達史講座』
  • 第4章 『日本資本主義分析』
  • 第5章 『分析』の特徴とその反響
  • 第6章 構成主義と『分析』
  • 第7章 未来主義と『分析』
  • 第8章 『分析』の後
  • 第9章 山田盛太郎の位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山田盛太郎 : マルクス主義者の知られざる世界
著作者等 寺出 道雄
書名ヨミ ヤマダ モリタロウ : マルクス シュギシャ ノ シラレザル セカイ
シリーズ名 評伝・日本の経済思想
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2008.1
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-1982-5
NCID BA84690390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21370013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想