〈未開〉からの反論

ハンス・ペーター・デュル [著] ; 津山拓也, 藤代幸一 訳

傲慢なる"文明"、暴力の"近代"に対する"未開"の自己抑制を論じ、エリアスと対峙し続けてきた著者のライフワーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公衆の面前における性行為
  • 未開人の野蛮な性についての神話
  • 好ましからざる状況下での女性のオルガスムス
  • 受動的な女性
  • 能動的な女性
  • セックスで"能動的"になるのは誰か
  • 一九世紀における女性の情欲
  • "さあ、突きなさい、あなた、今日は給料日ですよ!"
  • "欲望の疼き"快感の源と怒り
  • "私を犯して、黒ん坊、犯して!"人種差別的な性妄想
  • "安息日のユダヤ人のように好色"
  • 好色な農民と文明化されざる労働者
  • 子供の性教育と性の"ディスクール"
  • 夜這い、新婚初夜、初心な花嫁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈未開〉からの反論
著作者等 Duerr, Hans Peter
津山 拓也
藤代 幸一
デュル ハンス・ペーター
書名ヨミ ミカイ カラ ノ ハンロン
書名別名 Die tatsachen des lebens

Mikai kara no hanron
シリーズ名 文明化の過程の神話 5
叢書・ウニベルシタス 5
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.1
ページ数 880, 151p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00881-8
NCID BA84688333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想