自死という生き方 : 覚悟して逝った哲学者

須原一秀 著

人生の果実は充分味わった。65歳の春。晴朗で健全で、そして平常心で決行されたひとつの自死。老いと死へと歩む私たちの必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 三島由紀夫、伊丹十三、ソクラテス、それぞれの不可解
  • 2章 なぜ彼らは死んだのか?
  • 3章 「未練」と「苦痛」と「恐怖」
  • 4章 死の能動的受容と受動的受容
  • 5章 自然死と事故死と人工死
  • 6章 武士道と老人道
  • 7章 弊害について
  • 8章 キューブラー・ロス-キリスト教徒の苦境
  • 9章 補助的考察
  • 10章 雑感と日常

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自死という生き方 : 覚悟して逝った哲学者
著作者等 須原 一秀
書名ヨミ ジシ ト ユウ イキカタ : カクゴ シテ イッタ テツガクシャ
出版元 双葉社
刊行年月 2008.1
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-575-29998-4
NCID BA8468252X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21361696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想