満洲 : その今日的意味

小林英夫 編著

現在、日本に求められているものは-明確な国策と方向性それは、過去の経験の精査なしには成立し得ない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 満洲・満洲国-再考(満洲とは何であったのか
  • 「日本株式会社」の原型-宮崎正義と満鉄調査部
  • 満洲と自民党-一九五五年体制の確立)
  • 2 満洲の経験-現在の視点から(満洲国-その国際的位置
  • 満洲の経験-意味を問い直す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲 : その今日的意味
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ マンシュウ : ソノ コンニチテキ イミ
書名別名 Manshu
出版元 柘植書房新社
刊行年月 2008.1
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8068-0575-5
NCID BA84669306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21443275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
満洲の経験 青木保
満洲・満洲国-再考 小林 英夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想