福沢諭吉の思想と近代化構想

寺崎修 編

日本の針路を見極め行動した、リアリスト。新しい視点で捉える、"政治家"福沢の諸相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初期福沢諭吉の政治意識の表白-二つの建白書
  • 第2章 維新変革期における福沢諭吉の教育構想
  • 第3章 福沢諭吉の政治構想
  • 第4章 福沢諭吉と交詢社構想-「吾党の桃源」と「世務諮詢」のあいだ
  • 第5章 福沢諭吉の華族論
  • 第6章 福沢諭吉の朝鮮問題-「文明主義」と「義侠心」をめぐって
  • 第7章 福沢諭吉論の変遷-政治経済論をめぐる近年の議論を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福沢諭吉の思想と近代化構想
著作者等 寺崎 修
書名ヨミ フクザワ ユキチ ノ シソウ ト キンダイカ コウソウ
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 30
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2008.1
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1452-3
NCID BA84663693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21447627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想