日本経済史 苧麻・絹・木綿の社会史

永原慶二 著永原慶二 著

原始社会から近代資本主義の成立に至る経済の歴史を、一般の読者にもわかりやすく解説した『日本経済史』。最後の著作となった、前近代の衣料とその生産・技術を通してみた社会経済史『苧麻・絹・木綿の社会史』を収録する。いずれも、永い研究生活を基盤に広い視野と学識、明確な方法論に裏付けられた著作で、余人をもって著せない名品である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本経済史(農耕の開始と階級社会の成立
  • 律令制社会の経済構造
  • 荘園公領制社会の経済構造
  • 大名領国制経済の展開
  • 幕藩制社会の経済構造
  • 幕藩制経済の動揺と再編
  • 明治維新と本源的蓄積
  • 日本資本主義の成立-その展望)
  • 苧麻・絹・木綿の社会史(苧麻・絹・木綿の社会史を考える
  • 古代・中世における苧麻と布
  • 荘園制下の桑・糸・絹・綿
  • 苧麻から木綿へ-改訂増補『新・木綿以前のこと』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済史 苧麻・絹・木綿の社会史
著作者等 永原 慶二
書名ヨミ ニホン ケイザイシ. チョマ キヌ モメン ノ シャカイシ
シリーズ名 永原慶二著作選集 / 永原慶二 著 第8巻
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.2
ページ数 555, 20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02687-1
NCID BA84640428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21372907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想