浅井氏三代

宮島敬一 著

北近江を舞台に、亮政・久政・長政と三代にわたる繁栄を誇った戦国大名浅井氏。「国衆」から下剋上して領国支配を展開。小さな戦国大名でありながら織田信長と互角に戦い、軍事的に敗れはしたが、畿内近国ゆえに中央政治史に大きな影響を与えた。北近江の地域社会が生んだ戦国大名浅井氏の足跡から浮かび上がる、新たな戦国大名像とその時代を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 浅井氏の登場-『江北記』の世界
  • 第2 浅井亮政の時代
  • 第3 浅井久政の時代
  • 第4 浅井氏権力の形成-京極氏から浅井氏へ
  • 第5 浅井長政の登場
  • 第6 浅井長政と織田信長
  • 第7 浅井長政と対信長包囲網
  • 第8 浅井氏の終末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浅井氏三代
著作者等 宮島 敬一
日本歴史学会
書名ヨミ アサイシ サンダイ
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.2
版表示 新装版
ページ数 289p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05244-3
NCID BA84637230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21370544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想