最強の経済学者ミルトン・フリードマン

ラニー・エーベンシュタイン 著 ; 大野一 訳

教育バウチャーも、郵政民営化もすべてフリードマンに由来する。ケインズ理論を葬った「構造改革の元祖」、リバタリアン(自由至上主義者)の生涯を描く痛快ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 一九一二年‐一九四六年(少年期
  • ラトガース大学
  • シカゴ大学コロンビア大学
  • ローズ
  • 第二次世界大戦
  • 再びアカデミズムの世界へ)
  • 第2部 一九四六年‐一九七六年(シカゴ大学経済学部
  • 実証経済学
  • 家族
  • 教授
  • 消費者の経済理論
  • ケインズ
  • 合衆国の貨幣史
  • シカゴ学派
  • 資本主義と自由
  • 世界一周旅行
  • 同僚
  • 政策提言
  • ノーベル賞)
  • 第3部 一九七七年‐二〇〇六年(選択の自由
  • レーガン
  • ハイエク
  • 教育バイチャー制度
  • フリードマン賞)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最強の経済学者ミルトン・フリードマン
著作者等 Ebenstein, Alan O
大野 一
Ebenstein Lanny
エーベンシュタイン ラニー
書名ヨミ サイキョウ ノ ケイザイガクシャ ミルトン フリードマン
書名別名 Milton Friedman
出版元 日経BP社 : 日経BP出版センター
刊行年月 2008.1
ページ数 359p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8222-4642-6
NCID BA84621503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21369672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想